チャップアップ3年半の口コミを2chで振り返る!

チャップアップ3年半の口コミを2chで振り返る!

チャップアップは育毛剤として別な意味でブレイクスルーを果した。

2chに「チャップアップについて」というスレッドがある。このスレッドは2014年の5月に作られ、現在(2017年12月)まで書き込みが続いている。この3年7ヶ月の間に、この育毛剤を取り囲む状況も変わった。そして、チャップアップの本物の口コミが書かれて続けているこの2chスレッドの雰囲気も移り変わっている。今回は、この「チャップアップについて」というスレッドの中から、その時々の空気感が分かる秀逸なコメントを時系列に沿って紹介していく。「チャップアップっていう育毛剤よく見るけど、効果あるの?」と思っている人はぜひ見て欲しい。育毛業界の真実がうっすら分かるはずだ。

あとひとつ言っておきます。長いぞ!

2014年:チャップアップの2chスレッド立ち上がる

2014年の5月20日、「チャップアップについて」のスレッドが作られた。

記念すべき最初のひとこと。

最初はまだチャップアップが詐欺であることに気付いていない住人たち。本気の口コミを純粋に求めている。

4本使ってM字の後退止まらず…。残念な結果である。成分から考えれば当然ともいえるのだが。

半年もチャップアップを買い続けてしまった可愛そうな人の口コミ。子作りこれからでも、ハゲるの嫌なら飲むしかないと思うが…。

そうです。チャップアップはこれまでの「効果なし育毛剤」の金額を高くして、アフィリ報酬をたくさん付けただけの育毛剤ですから。

M字の「確実な進行」と、他の部分が「生えた気がする」という口コミ。たぶん本物の口コミだろう。初期はこのようなガチっぽい口コミが多い。

座布団1枚!

床屋の意見。

僕の意見とは違うなあ。僕は正直「全く無効」だと思う。

食生活は薄毛と関係ないです。わざわざ病院行って高い薬買わんでも、個人輸入で安くミノフィナ買えばいい。

スレ開始から4ヶ月が経過して、初めて業界の裏側を語るレスが。チャップアップの異常に良い口コミが溢れるインターネットに違和感を感じたのかもしれない。真実のコメント。

かぶせてきました。天真堂のソヴール08のことである。

それはチャップアップが高額報酬が出るアフィリエイトの商品だからだ。効くはずがない。

このあたりで、多くの人がチャップアップの広告の過剰さに気がつきだす。

この口コミはよく分からん。deeper3Dを使って生えたのだろうか。ならそれをもう少し細かくレビューして欲しいものだが、非常にあっさりしている。

2015年:チャップアップの2ch口コミが悪事暴きの場に

2015年に入り、チャップアップがあまりにも悪質であることが様々な口コミや分析から露呈していくことになる。

チャップアップの販売元であるソーシャルテックの代弁をしたコメント。

毎日洗髪のときに抜け毛の数を数えても、ほとんど意味ない。というか、これステマじゃないか?

詳しくはこちらの記事を参照。

排水口を見ても抜け毛の本数は分からない

チャップアップの販売元から電話とかメールがかなり来るらしい。まあ、継続してもらうだけで売り上げは倍になるわけだから、そのために労力を割くのは企業としては当然だろう。ただ、「生えない育毛剤に対してそれをしている」という意味で人としてどうなんだ?という疑問を覚える。

チャップアップ批判といえばまずコレ。

チャップアップには発毛効果はありません

育毛剤初心者におすすめのサイトだ。読みやすいし、チャップアップとその他の育毛剤がどんだけ詐欺ってるか分かる。

このリンクが貼られたあたりから、2chでの口コミも「チャップアップは詐欺」ということが前提になっていく。

その通り。天然成分がすべて無害なわけではない。「天然成分だから副作用なし」という言葉は完全に矛盾している。

このような「解約できない詐欺」もチャップアップには存在する。

2chで炎上が始まったタイミングとあわせたようにセールをはじめたチャップアップ。このタイミングは偶然か、それとも…。

マイナチュレというのは女性用育毛剤で、結局は天真堂のOEMだから中身はチャップアップと同じ昆布汁。価格は安いから、確かにチャップアップ買うくらいならこっちの方がいいかもしれないけど、いずれにしても効かない。

ひどいステマ。リアップで生えなかったのにチャップアップで生えるはずない。ちなみにマキシヘアーというのは海外の育毛サプリである。

「タバコは毛細血管を収縮させて血行不良を起こすからハゲる」みたいなことが、ヘアラボ(旧ハゲラボ)とか見ると書いてあるよね。あれ全部嘘です。コンテンツ作りのためにタバコと薄毛を無理やり繋げてるだけ。根拠ない。

そんなに続けてしまったのか!!悲しすぎるリアルな口コミ。

そういえば意味のないリニューアルしてたな。

案外参考になる口コミ。チャップアップを使うときは気をつけよう!

本当にこのやるせない気持ちはよく分かる。「結局お前もか!?」と胸ぐらを掴んで問いただしたくなる。

1本5,000円(特別単価15,000円)というアフィリ報酬はやはり大きいのだろう。

ポラリスは海外の育毛剤シリーズ。ミノキ16%とか、ミノキとフィナ両方入ってるやつとか、種類が色々あった。今はなぜか買えなくなっている。変わりにフォリックスシリーズの育毛剤が売られている模様。

チャップアップの中身だけ入れ替えて使用する猛者が。どんなにノズルを変えようが、容器を変えようが、効かないものは効かないから買うだけもったいない。

うん、確かに言い方を変えればわかめ汁だ。うまそう。

「解約をチラつかすと安くする」というのは原価がそれだけ安いという証拠である。

この頃からチャップアップの広告で「1ヶ月で生える!」的な内容がなくなる。さすがに薬事法違反だと指導が入ったのかもしれない。

当然いるでしょ!

その社員さんがこちらです!

水180mlを9,000円で買う国日本。

いや、サクセスも臨床試験してないけど。

「タダでもう1本つける」と言えるほど、チャップアップの原価は安いのだろう。

2016年:「やっぱフィナステリドでしょ」とみんな気付く

2016年に入ると、チャップアップが生えないということは前提として、「なら何なら生えるのか」という議論が多くなっていく。

確かに生える育毛剤ならこんなペースの書き込みにはならなかっただろう。連日「生えた!」という感動の口コミが投稿されるであろう。

フィナステリドの効果が10なら外用ミノキシジルが1か2の効果、さらに内服ミノキシジルは100の効果だとのこと。まあ、合わせて使ってこそ意味のある組み合わせだと思うが。

ステマサイトの鉄板ストーリーですね。「プロペシアの副作用が激しい」「リアップかゆい」→「そこでチャップアップ!」

解約を強行するとガチャ切りという最低メーカー。

体調異常がでるのもおかしな話だ。無意味なサプリなのに。

クラッキングスカルプは、確かに安くて成分も「チャップアップの良いとこ取り+キャピキシル」のような育毛剤だ。しかも安い。

ミツイシ昆布エキス→M034

アカツメクサ花エキス・アセチルテトラペプチド3→キャピキシル

配合量が分からないからなんとも言えないし、炭酸の効果も微妙なところだが、まあ、安い分チャップアップに比べればずいぶんとマシである。

そう、チャップアップを売ろうとすることは詐欺である。ずっと医者は「とりあえずミノフィナやっとけ」と言い続けてきたのだ。男性型脱毛症診療ガイドラインでも、それはハッキリ書かれている。

【男性型脱毛症診療ガイドライン】2010年版~これが真実です~

2017年:ネタと化していくチャップアップの口コミ

チャップアップは2017年、育毛剤として過去に類を見ない領域に達する。「生えない」だけではなくもはや「生えない育毛剤の記号」としてネタになってしまったのだ。

チャップアップ詐欺のテンプレを解説している。

これはステマでしょうか。

これは「確かに」と思った。本当に生えるなら世界規模で売れてるわ。実際、髪が生えるものはすべて世界規模で売れている。

三大インチキ育毛剤にチャップアップとフィンジアとイクオスが認定された。

それそれ。よくある。

これはアフィリエイトというシステムの功罪だろう。副業で稼げる人が出てきた半面、インターネットで正しい情報が出てこなくなった。

チャップアップ購入後に気になって2chで情報を調べると、この人のように後悔する。評判は買う前に調べないとね。

506番の人のように、チャップアップ擁護のコメントをすると「死ね」とまで言われる状態に。

「情弱用の水」非常に端的にチャップアップの特徴をまとめた言葉である。

同じ人がチャップアップ擁護のコメントをあらゆるスレッドで行っているという動かぬ証拠。業者だろうな。

チャップアップはウルトラマンを広告に使用しているから、そのライセンス費用も販売価格に入っているという計算。

僕の考えでは、原価はもっと安く、パッケージ込みで数百円といったところだ。

チャップアップにこんな斬新な使い方があったのか!

これはもっと注目されていい書き込みだ。ネット販売の育毛剤がどうやって売り上げを伸ばしていたのかがよくわかる。

この人も、ひたすらにアフィリエイトと嘘口コミのサイトを作っていたのだろう。

チャップアップの販売元であるソーシャルテックは、SEO業者に報酬を支払い、何千サイトもサテライトブログ(検索順位アップのためのハリボテサイト)を作っていたというわけだ。

様々な育毛剤が「世界に認められました!」と声高に叫ぶモンドセレクションは、金出せばだれでも取れることで有名。ちなみに審査項目に育毛効果は入っていない。

チャップアップで夏休みの宿題も解決!

少年漫画の後ろの広告ページのような皮肉いっぱいのコメント。

このへんで、完全にチャップアップはネタと化していく。

チャップアップのやり方に限界がきている。ブブカとポリピュアを入れて連合軍と評しているのはセンスがある。

まじめな批判の下に、ふざけたコメント。この対比がこの育毛剤の現状をよく表している。

7時から朝チャップが始まるようだ。

癌に効果があるというノーベル賞ものの発見と、サラダにかけたらうまいというおばあちゃんの知恵袋的な発見。

チャップアップ関係ないけど、なんか胸に染みた。

このへんは2chぽい流れ。

改めてこの報酬単価はおかしいよなあ。

そう、これはプロレスなのだ。本気で「生えるか生えないか」と悩む期間は終わってしまった。

「チャップアップを褒める→炎上」という流れから、「チャップアップを悪く言うことでアクセスを集めほかの育毛剤を売る」というトレンドも出来上がった。

これ、FF10のことだよね。懐かしい、ザナルカンド。主人公のティーダに似ているという設定だったはず。

なかなかシュールなコメント。

最後です。

購入し、クズ商品だと気づいた人に「買っちゃったのかよ!」というツッコミ。

そう、チャップアップは単なるネタであり、買うためのものではない。購入して頭皮に塗布するのはチャップアップの正しい使い方ではないのである。ネタとして、有効活用しなければいけない。

2018年以降どうなる?チャップアップが終わった後の育毛剤業界

ここまでの状態になると、チャップアップはもう限界だろう。これまでアフィリ育毛剤の帝王として君臨してきたチャップアップだが、盛者必衰の理を見事に体現している。

こうなると、育毛剤のアフィリエイトもそろそろ限界を迎えるのではないかと僕は思う。

2017年に更新されるといわれていた男性型脱毛症診療ガイドラインも、多分更新は2018年に持ち越しだろう。更新されれば話題になるだろうし、そこには真実が書いてあるので、読んだ人は育毛剤の嘘に気づく。2016年末にあったウェルクの問題は、現在も解決していないが、あの事件も「SEO→アフィリエイト」という単純構造に問題提起してくれた。さらに、プロペシアの特許が切れるのは2019年の10月といわれている。そのタイミングでAGA治療薬の業界も大きく変わるだろう。そろそろ育毛剤業界に転換期が訪れる予感。

チャップアップの口コミについてはこちらの記事もどうぞ

チャップアップの口コミは、悪い評価かステマしかありません…。

利己的な育毛剤カテゴリの最新記事